人生山あれば谷あり、楽があれば苦もある。それなりに頑張って生きてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見送り。
 何時まで飲んでたか、正直覚えていません。

 が、朝起きたのは9時半頃だったかな?

 飲み会場でそのまま眠りに就いたため、目覚めた時に同じように寝てた数人と、とりあえず風呂入りに行きました。

 風呂上がって外に出てみると、なんと天気がいいこと!!

 かといって暑くもなく、わずかに吹く風がとてもとても気持ちよかった^^

 ご飯を食べた後、ついに1人目の後輩を見送りに。

 うん、切ない。

 私はすでに学生ではないし、山口の人間ではありません。

 社会人だし、見送るというよりも迎え入れる(?)立場なわけで。

 でも、広島から山口に来ればいつでも会うことができた面々が、その山口を発とうとしてるんです。

 やっぱり見送る立場になってしまいます。

 

 そこから立て続けに山口9人が山口を発ちました。

 もうここは詳しくは書きません。

 ただ、今年は人と人との別れから、できるだけ目を逸らさないようにしました。

 

 山口を発つ人間を見送り終えた頃には、もう日も暮れてました。

 私は夜には広島に帰るつもりだったので、見送ることができない後輩達と一言二言話し、その直後宇部に向かいました。

 宇部を夜に発つ後輩が1人、そして翌日に発つ後輩が1人、どちらも私の1つ下の後輩。

 まず夜出発の後輩に会いに行くと、日も暮れて暗い中、車に1人で最後の引越し荷物を積み込んでました。

 来年も山口にいる後輩と2人で宇部に向かっていたので、3人で晩飯を食べに行きました。

 出発する後輩に最後の晩餐を選んでもらい、よく行ってた定食屋さんに行くことに。

 久しぶりにゆ~っくり話したな。

 飯食った後、3人でもう1人の宇部発の後輩に会いに行きました。

 まだ部屋を片付けてる最中で、兄貴さんが手伝ってました。

 初めて見たけど、そっくり(笑)

 

 やっぱり1つ下の後輩は、自分に近いだけあって寂しいもんですね。

 特にこの2人は関東圏に出てゆくし。

 飯を一緒に食べに行った後輩は、荷物をしっかりと積み込んだ車で実家に向けて出発するということで、見送りました。

 この後輩が変わっててね~、寂しいというより、笑って見送りましたね^^;

 いつも通りのマイペースさを存分に見せてもらいました(^^

 

 少しでも見送ることができてよかった。

 すでに卒業して社会に出ている私がここまでするのも微妙かな~とも思いましたが、よしとしましょう。

 おそらく私の人生の中で、最も楽しかった時代を一緒に駆けた仲間だしね。

 みんな頑張ろう^^

 そしてまた会いましょう(^o^)/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。