人生山あれば谷あり、楽があれば苦もある。それなりに頑張って生きてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅の思ひ出①
 そろそろ先週末の旅行のレポートでも書いとこうかね。
 
 先週末の土日で、大学時代のサークルの仲間達と熊本県阿蘇・九重周辺に旅行に行きました。人数は私を含めて山口発が12人、夜から合流が1人、2日目合流が1人。
 1日目に阿蘇をまわって筋湯温泉の宿に泊まり、2日目に黒川温泉に行くことにしました・・・。


2月25日(土)

 朝は見事に5時半に起床!3時間しか寝てないにも関わらず、やはりバッチリ起床♪熟睡してないだけですが^^;早速準備して、6時にひとまず山口に向かいました。
 
 予定通りの時刻に山口に到着し、私が拾う予定の人々を迎えに行ってから壇ノ浦S.Aへ。壇ノ浦S.Aで残り2台の到着を待ちました。
 人間12人、車3台という久々の大所帯での旅行に向けて、みんなで集合!!そして出発♪(^o^)/

 ・・・と行きたかったのですが、なんと残り2台、それぞれ寝坊した人間がいるとか…。しかもそのうち2人(1組?)は寝坊のうえ朝食までも食べてから出発したとのこと(-_-;)

 ・・・まぁ集合時間にそんなに遅れなかったのでよしとするか^^;

 
 
 ってなわけで、最初の目的地を阿蘇山に早速向かいました。時間が惜しいので、もちろんオール高速♪熊本インターで降りる予定だったので、その直前の北熊本S.Aに集合しました。昼前には到着したかな。
 そこのS.Aには宝くじ売り場があり、何故かみんなでスクラッチにハマってました^^;みんなしてベンチでスクラッチ。なにやってんだか(笑)

 さてさて、熊本インターを降りて国道57号線をひた走り、肝心の阿蘇山には13時過ぎに到着。本当はロープウェーで登るはずでしたが、天候が悪く強風のためロープウェーは動いていませんでした。
 そこで無謀にも私達は歩いて登ることに^^最初は躊躇する人間が多かったのですが、思い出作り(笑)のためってことで、勢いで登り始めたのです。

IMG_0847r.jpg


 登ること30分(そんなに登ってないか?)、小雨が降り始め、自分達の体力の無さを痛感し、思ったほど進めないことに苛立ちを感じ始め…
IMG_0848r.jpg

・・・そして飽きました(ノ∀`)アイタァ
 
 

 不完全燃焼の私達は、次に大観峰に向かいました。ここは本当に景色のいいとこです!・・・天気が良ければ^^;
IMG_0852r.jpg

 曇りの中かろうじて下を見渡すことができましたが、やはりここはもっと天気がいい時に来たいですね。

 宿に向かうのにちょうど良い時間になったので、名水百選にも選定されている『池山水源』を経由して宿に向かいました。
IMG_0858rr.jpg


 私達が泊まった宿は、日本一の打たせ湯で有名な筋湯温泉。とても雰囲気の良い温泉街でした。宿のお父さんもお母さんもとても愛想が良く、とても気持ちよく接してもらいました。
 さてさて、到着して早速温泉へ♪私達数人は露天風呂である「岩ん湯」へ。
IMG_0860r.jpg


 温泉から上がると、久留米の後輩が仕事を追えて合流^^早速夕食会場へ。大広間で13人みんなで食事。メインのキジ鍋を中心に、手作り感たっぷりの夕食を味わいました(^o^)
 いや~いいですよ、風呂上りにみんなで飲む瓶ビールは♪民宿の醍醐味やね。本当に最高のひと時でした。

 そういえば夕食前、部屋に一本の電話がかかりました。宿のお母さんからの電話で、
 「焼酎飲む人はいる?大分の焼酎を一本出してあげようか?」
とのこと。二つ返事でお願いしました♪

 どんな焼酎が出てくるのかな~って思ってたら、なんと大分麦焼酎「いいちこ」。・・・ここまで来て「いいちこ」なのね(笑)
 まぁまぁ、その焼酎を出してくれるって気持ちが嬉しいんですよね。こりゃ残すわけにはいかん!!



 そんなわけで、食事を終えて部屋に一度戻り、各々風呂に入るなり寝る準備なりしてから再び集合しました。そして思い出話や恋愛話、あと恋愛話、それと・・・恋愛話で盛り上がりました。それも旅に行ったメンバーの中のたった一人の恋愛話で(笑)

 夜中1時半頃だったかな?勢いとノリで後輩が4人・・・と言ってもおっさんとおばさんばかりですが(笑)、山口からわざわざ追いかけて(?)来ました。いや~若い!素晴らしい!!そのノリに乾杯ですわ、ホント。
 しかしあまりにも夜中ということで、申し訳ないながらも私達にはどうすることもできませんでした^^;できたら最初から一緒に旅行できたらよかったのにね。

 しばらくすると、お酒が底をついたこともあり、床に着きました。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。