人生山あれば谷あり、楽があれば苦もある。それなりに頑張って生きてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
湯原~南木曽④
1月3日
 朝はチェックアウトの時間ギリギリまでゆっくりしました。もちろん朝風呂にも入った(^o^)

 3日中に広島に帰らねばならないため、観光しつつ帰る方向へ。

 というわけで、まずは岐阜城に向かいました。岐阜城は二階堂行政によって金華山山頂に築かれ、斎藤道三や織田信長の居城として知られています。

IMG_1637r.jpg


 「美濃を制するものは天下を制す」と言われるほどの難攻不落の城だったそうで、実際に見てみると、切り立った山の頂上に築かれており、確かに攻めにくいだろうな~と思わされました。

 ロープウェー乗り場付近の駐車場は一杯で、しばらく待つようだったので、父親と二人で乗っていた私の車だけ、ちょっと引き返して岐阜市内の有料駐車場に止め、30分ほど歩きました。タクシーを使っても良かったんですがね。
 そして歩いていると、なんと野田聖子議員との対決が注目されている佐藤ゆかり議員が街宣カーに乗って通り過ぎ、そして目の前で信号待ち!個人的には大して興味がないのに、笑顔でこっちに手を振る佐藤議員に、父親と二人でちょっと感動しました(笑)

 さてさて、ロープウェーに乗ること5分、山頂まで上がると、城が資料館になっていました。

IMG_1642r.jpg


 城のてっぺんは展望台になっており、広~~い濃尾平野や長良川、そして遠くは雪化粧した伊吹山まで眺めることができました。

IMG_1643_1644r.jpg


 お昼時を迎えたので、展望レストランで飛騨牛カレーなるものをいただきました。味については…コメント控えましょうね。飛騨牛は美味しかった。飛騨牛らしきものは・・・(^^;)



 続いては墨俣一夜城に向かいました。長良川に平行して流れる犀川が2つに分かれる三角州部分に建てられました。

IMG_1651r.jpg


 この城は、美濃攻めのために木下藤吉郎が一夜にして築城したと言われています。が、実際には一夜で築いたわけではなく、およそ3千名を動員して、3昼夜で城に見せかけた砦を築き上げたそうです。
 秀吉の出世はこの築城から始まったと言われており、敷地内には豊国神社が建てられ、城の前には木下藤吉郎の坐像もありました。

 しかし実際の城は洪水で流されて廃城になったようで、現在ある墨俣一夜城は、歴史資料館として建設したものだそうです。
 ただ、この日は正月ということもあり、資料館は残念ながら閉まっていました。

 遠くには岐阜城が微かに見えましたが、ここを拠点に岐阜城を攻めたことを考えると、かなりの距離があるな~なんて思いました。



 ここを出発すると、広島に向かい帰路につきました。途中のサービスエリアにちょくちょく立ち寄り、休憩しながら帰って、家に着いたのが午前1時前でした。

 今回の旅行はのんびりでしたね。広島から岐阜・長野辺りまでは、高速で約7時間程度かな。そこまで苦ではなかった。たくさん寝たから体が楽だったのかもね。温泉にもよく入ったし。

 風邪じゃなかったらな~。。。

 ま、贅沢は言うまい。



 今年も湯原温泉と旅行から始まった1年。

 いい年になればいいな~~~~~~~~。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あの斉藤道三の城に行くとはやりますね。
ってか、いいな~。どんなトコか俺も行ってみたいですv-233
2007/01/07(日) 02:54:21 | URL | しょーた #-[ 編集]
>しょーた
 なかなか立派な場所に建てられてたよ。城からの見晴らしも見事だし。ありゃ攻めにくいわ(^^;)
2007/01/07(日) 21:59:42 | URL | 雨のち晴男 #-[ 編集]
お疲れ様でした。
久しぶりな小トリップで楽しかったですよ。

そんなこんなで実家よりも湯原なのです。
2007/01/21(日) 02:24:11 | URL | MuMo #dGRhmuoI[ 編集]
>MuMo
 またどっか行こな。
 ひとまず来年も湯原で(笑)
2007/01/21(日) 21:57:20 | URL | 雨のち晴男 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。