人生山あれば谷あり、楽があれば苦もある。それなりに頑張って生きてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
湯原~南木曽③
1月2日
 朝起きてもやっぱり鼻水が止まらず…。鼻をかみすぎて、鼻の皮も剥けてました。

 この夜も同じホテルに泊まることにしていたため、私の車をそのまま置いておいて、1台の車で移動することに。

 最初に「寝覚めの床」へ。

IMG_1607r.jpg
>

 ここは浦島太郎が目覚めた場所と言われているそうで、他にも伝説が
いくつかあるようでした。

IMG_1615r.jpg


 川沿いに奇岩が並び、浦島太郎を祭った祠もありました。

 何より私の目についたのは、コケに滴る水が凍った様子でした。

IMG_1617r.jpg


 これは今まで見たことがなかった。うんうん、見事です。



 続いて北上し、中仙道の中でも大きな宿場街である「奈良井宿」へ。そこは昔ながらの建物が並んでおり、とっても雰囲気のよい街並みでした。

IMG_1627r.jpg


 街並みの長さも結構あり、散策するには程よい距離でした。ちょうどお昼頃になったため、昔の建物そのままのお店に入り、名物の五平餅とそばをいただきました。五平餅は今まで食べたことのあった物とは異なってました。焼きたてってのもあるんですが、こだわって作っているだけあって、もちもちがしっかりしていて美味しかった(^^)うちの両親も今まで食べた五平餅よりも美味しいと絶賛。

 そこで私に悲劇が。。。

 なんと五平餅によって銀歯が外れてしまったのでした。。。

 風邪で鼻水は止まらんわ、銀歯が外れるわ、なんか2007年は出だしからコケてる気がするわ(-_-;)

 ま、美味しかったから良しとしよう。

 それにしてもきれいな街並みだったわ。こういう風景、好きです。

IMG_1625r.jpg




 その後、御岳に上がってみましたが、雪がそこまで積もっていることもなく、スキー場の辺りまで行って引き返しました。

 今回の旅行では、雪や雪山を見るという点では、ちょっと物足りなかったですね。寒いのは寒かったですが、雪がそこまでなかった。遠くの山の上が白がかっている程度。

 そして宿に戻り、再び温泉⇒夕食⇒爆睡のコースを踏んだのでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。