人生山あれば谷あり、楽があれば苦もある。それなりに頑張って生きてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ため息。
 疲れている時にため息をつくと、なんだか楽になります。

 不思議と心が軽くなるような、気持ちがす~っとするような。

 特に忙しかったり、イライラしている時には、その効果は絶大。

 

 でも、「ため息をつくと幸せが逃げる」という言葉がありますよね。

 なんでそんなマイナスな言葉があるんだろ~と思っていましたが、最近ちょっとわかった気がしました。



 事務所の隣の席の先輩は、よくため息をつきます。

 事あるごとに「はぁぁ~。。。」。

 それを隣で聞いている私は、段々と腹が立ってくるわけですよ。

 こっちのやる気を萎えさせ、テンションを引き下げられるような気分。



 そもそも大きく息を吸って吐く行為は、深呼吸と紙一重の行為なのだから、気持ちが楽になり、軽くなるのはわかる。

 でも胸がすっとする反面、口からは悪い空気が出てますよ、きっと。

 だって周りの人にいい影響は与えないもん。

 
 
 「あ~疲れた疲れた疲れた」「あ~つまらん」「あ~がっかり」。

 そんな言葉が聞こえないにしても、そんな想いを含んだ空気が出てきて、聞いてる側にまとわりつくんでしょうね。



 ま、私なりの勝手な解釈なわけで、気にしない人ももちろんいるとは思いますが。

 とりあえず、ため息は一人で満喫(?)しようと思います。

 極力人に気付かれないように。

 




 はぁぁ~~~…。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。