人生山あれば谷あり、楽があれば苦もある。それなりに頑張って生きてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年度一発目。
 今年も大好きな暑い季節がやってまいりました。

 と同時に、やつらも現れ始めました。



 ・・・蚊。



 今年の一発目は、右のこめかみ。



 そしてたて続けに3ヶ所やられました。

 …はぁ~(^^;
スポンサーサイト
とても残念。
 大学時代、サークルでとてもお世話になったユースホステルがあります。
 そこのユースでは、施設はもちろんペアレントさんに大変お世話になり、子ども達との触れ合いの場を提供してもらったり、年始には餅つき、夏にはカヌー体験など、様々なイベントでお世話になりました。



 そしてイベントの中でも、毎年この時期に行うイベントは、学生時代の忘れられない思い出の一つです。



 このイベントではサークル全員でこのユースを貸し切らせてもらい、各学年・各グループが出し物をし、一晩中飲み明かすというもの。
 出し物をする直前の緊張感、終わった後の達成感、みんなで楽しむ一体感。どれをとっても、この先の人生で味わえるかどうかわからない、とても素晴らしいものでした。

 とても遅くまで飲んだり話をしたりするため、翌朝は死にそうになる中、片付けしたり、朝食食べたり。

 ペアレントさんには、目をつむっていただいていたことが多かったことと思います(^^;)当然のことですが、だからこそ必死に片付け、できる限り迷惑をかけないようにしたり、お手伝いできるイベントはできるだけ協力させていただいていました。



 こんな楽しい思いを6度(6年間)も味わったため、この気候に触れると、その楽しい思いが自然と甦ります。

 そこで先日、久しぶりにそのユースホステルのHPを覗き、そこに載っているペアレントさんのブログを見ました。

 今年も後輩達によるそのイベントがあったようですが・・・。

 なんとも残念な書込みがされていました。

 そのペアレントさんはとてもよい方で、悪くは書いていないようでしたが、その言葉の裏には、いろんな思いがあることがうかがえました。



 自分達が利用させていただいていた頃ももちろん迷惑をかけていましたよ。そのことを百も承知で、自分のことを棚に上げて書きますが、、、本当はありがたいことを、それが当たり前のように思うのっていかんですよね。

 感謝の気持ちって、絶対忘れちゃいかん。



 ・・・と、改めて自分に言い聞かせました。



 久しぶりに泊まりに行ってみようかな。

 社会人旅行客として。

 ホステラーとして。
一度に襲ってくる・・・気がする。
 普段はそこまで物欲もないんですが、一度思い始めると止まらなくなります。

 大体のモノが壊れたり、買い換えるタイミングは一度に来る。



 うちのCD・MD・カセット一体コンポは、

 CDを読み込まない⇒MDを吐き出さない⇒本日久しぶりに動かしたカセットが急に動かなくなる

 の順で、機能は残すところラジオのみとなってしまいました(^^;

 大学1年の時に買ったものなので、約・・・9年か。なに?修理代は最低13,000円?

 …そろそろ買い替え時か?



 いや待て、自転車通勤しているマウンテンバイク、そういえばギアの調子が悪いな。全体的にサビついてきてるし。高校の時に通学に使ってた自転車だもんな~。

 …買い替え時??



 あ、そういえば今年の12月に車検が来るわー。

 ……買い替え時???



 ま、結局はどれもそこまで本気で買い換える必要のないものですが、気にはなっているもの。一つ思うと、ほんじゃここいらで一気に!って調子に乗るんですよね。

 自粛せねば。

 にしても、コンポぐらいは買い換えようかな~。
気持ち新たに。
 水曜日はとても充実した1日でした。

 ずっと通いたいと思っていた習い事をついに始めたのです。場所はちょっと遠いですが、休日に外に出るきっかけとしては十分。重たい腰がようやく上がりました。

 やっぱり勢いは大事だ(^^

 「生徒」という立場が久しぶりで、とても新鮮でした。小1時間ですが、なんか楽しかった~。やっぱり興味を持って勉強しなかったら身にならん。そゆことだ。

 その習い事には年配の方も通ってらっしゃいます。歳を重ねても、遠慮したり縮こまることなく人に習うって姿が素敵だな~って思いました。

 自分も何歳になっても何かしら刺激を求めてたい。何事にも興味を持てる心でいたい。



 そしてその夜は広島市民球場に野球を観に行きました。日ハムとの交流戦。

DSCF1457r.jpg


 今年でこの市民球場が最後ということもあってか、かなりのお客さんが入っていました。

DSCF1463r.jpg


 結果は2-1でカープの勝利♪先発の前田健太が、7回まで被安打0の好投を見せました。得点シーンは少なかったですが、ファインプレーがいくつも出て、とてもテンポの良い締まった試合でした。

 ノーヒットノーランを意識し始めた8回に、広島広陵高校出身の稲田選手にレフト前ヒットを打たれました。残念でしたね~。
 ちなみに、一緒に行った奴とは4回が終わった頃から「ノーヒットノーラン!」って盛り上がってました(笑)

 前田健太投手はPL学園卒の2年目で、なんとプロ初勝利。

 ヒーローインタビューで、

 「はじめまして、前田健太です」

 って言ってた。実に初々しい(^^)頑張ってカープのエースになってもらいたいわぁ。



 久しぶりに習う立場の自分自身、習い事のおばさん、そして前田投手、、、気持ちが一新された気がしました。



 ・・・とかなんとか言いつつ、応援に行ってカープが勝って、ビールがうまかったから気分が良かっただけかも(笑)

DSCF1465r.jpg
流れが動き出す。
 昨日書いた体調不良から、ほぼ100%復活!今日は物足りないくらい絶好調でした。

 健康な体に本当に感謝です。



 とはいえ、アドバイスをもらったとおり、ストレス発散のためにやはり運動しなくちゃな~と思い、今日から久しぶりに自転車通勤を再開しました。

 すると昼頃、野球を一緒にしている先輩から電話が。

 「お前水曜日休みじゃろ?毎週水曜日の夜に、知り合いのチームが練習しとるみたいだから、混じって一緒に練習しようや」

 二つ返事で行くことにしましたよ。

 そして、夕方にはまた一緒に野球している別の先輩から、試合の日程が間違っていて、月末の予定だったのが、今週末の日曜日に行われるようになったとのこと。

 なんだか急速に運動せざるをえない流れになりました(^^;

 ありがたいことだ。



 やっぱり悪い時にはとことん悪いことばかり続くし、いいことはそれなりに続く。そしてちょっとしたきっかけでそれが反転する。

 不思議な流れが世の中には存在する気がします。



 ちなみに私が流れを意識し始めたのは、学生時代に麻雀をやっていた時です。いい時には何をどうやっても勝てるし、悪い時には何をどうやっても悪い。でも、ふとしたことからその流れが大きく変わったり、逆に他の人にいい流れや悪い流れが行ったり。

 それ以来、そういった『流れ』というものを考えるようになったのでした。



 ・・・ひょっとして、これが考えすぎってことか?(^^;

 話がずれましたが、とりあえず体調万全!運動しよ!!ってことで。
自律神経・・・。
 先週木曜日に、久しぶりに体調を崩しました。

 今後もあるかもしれないし、貴重な体験だったと、1週間たった今なら言えるので、書いておこうかと。

 仕事のストレス、人間関係のストレス、プレッシャー、今考えればくだらないわずかな劣等感、、、などなどが重なり、心の病(?)にかかってしまいました。

 木曜日の仕事の最後の最後に、ちょっとした人間関係でイライラし、それが大爆発しそうなのを何度も必死に抑え込んだ結果、体に変調が。

 車で家に帰る前に本屋に寄ったのですが、そこでどうにも胸のモヤモヤが取れず、愚痴をこぼせる先輩に思いっきり愚痴りました。ふだんならここでスカッとするはずなのですが、この日はどうも気持ち悪く、そしてなぜか体から力が抜け、10分くらいぼ~~っとしてしまいました。

 いかんいかん、と思い、なんとか家に帰り着き、こんな日はビールでも飲んで!と、ビールのふたを開けた時でした。胸のモヤモヤ?イライラ?したものが再度湧き上がり、普段は怒りやら悲しみのような感情で一気に溢れ出るのですが、この瞬間はなぜかそれが治まり、そしてそのモヤモヤみたいなものが全身に流れ出ていく感覚に陥り、そこから気分が悪くなり、体がいうことをきかないというか、自分的には、

「あ、心と体がバラバラになった」

って思ったのでした。

 これって、表現を誇大しているようですが、本当にこんなかんじでした。気持ち悪いっていっても、吐き気がするような気持ち悪さではなくて、動悸が治まらず、落ち着かず、じっとしておれず、かといって動くと気持ち悪く。。。この繰り返しでした。そして感情をうまく表現できなくなったんです。怒りたい気持ち、泣きたい気持ち、胸から溢れ出てくる感情の全てが中途半端で、心で不完全燃焼を起こして、その不完全燃焼した有毒な物質が全身を巡り、体に拒否反応を示させているような。

 それでもなんかじっとしていられなかったので、外に飛び出て、携帯でもう一度さっきの先輩に話を聞いてもらったり、走ってみたり、なんかもうどうにでもなれ!的な気分で一杯で、苦しすぎて大変でした。

 それから30分くらいして家に戻り、両親にも真剣に相談しました。最初は「おかしくなったか?」って笑っていましたが、どうも私が本気で話しているのを聞いて、ただ事ではないと感じたらしく、真剣に相談に乗ってもらいました。親と真剣に話したのなんて、ほんと何年ぶりだっただろうってくらい、真剣に相談した。

 本当に誰でもいいから助けてくれって気分でした(^^;)



 原因はわかってるんです。やっぱり精神的なところ。私は思ったことはわりとすぐに口に出るし、だまっておけない人間なのですが、だからこそ、イライラした時に抑え込んだから心と体が変になったのかも。その日だけではなく、前々からすっごくすっごく頭にきてたんだけど、自分には今その人しか同じ職場におらず、そしてかなり上の上司。上司だからこそ言えなかったし、そして悪い人では決して無いので、そこまではっきり言うことができなかったんですね。その結果、「まぁいいか」で我慢していたことが知らず知らずに蓄積し、自分でも気付かないうちに心のダムが崩壊していたんですね、きっと。もちろんそれだけではなく、いろいろんなことが重なってたのもあるんですがね。

 その夜は大変でした。飛び出した外から家に戻ったのですが、飯も食えず、風呂にも入らず、とりあえずすぐに寝ました。小1時間寝たところで少しはましになりましたが、動悸が激しく、寝汗もたくさんかいて目が覚めました。そっから風呂でシャワーを浴び、さっぱりして、再度寝ましたが、仕事やその上司のことを少しでも考えるたびに気持ち悪くなるというか、胸がもやもやして動悸が激しくなりました。

 結局寝ることはできたのですが、朝起きてビックリ。寝汗かきまくりでした。



 仕事に行くか行かないか非常に迷ったのですが、やはり大きな原因であるその上司に対して、思ってることを本人に向けて吐き出さないと解決の糸口が見つからないと思い、朝一番にその上司に全てをぶつけました。気分は悪いし、体が倦怠感に見舞われてだるいし、午前で早退する決心もしていたため、体調が悪い理由を含めて全て話しました。

 その上司は、理解してくれたかどうかは置いておいて、話を素直に受け止めてくれたし、早退して気分転換してこいって言ってくれました。

 早退したその日の夜は、相談した先輩が仕事を早く切り上げて飲みに誘ってくれました。しかし飲みに出るのに、公共交通機関で出たのですが、最初は空いていたのに、途中から学生が乗って満車状態になった時、なぜだか緊張感と共に、気持ち悪さが再燃して、いてもたってもいられなくなりました。ちょうど2駅くらいしたら自分が降りる駅だったのでなんとか我慢しましたが、これもまた初めての体験でした。

 私の今の部署は孤立していて、なかなか若手とも話す機会が無いし、パートさんやら上司の愚痴のはけ口になることはあっても、自分がはき出すところがなかったのも一因かもしれません。また、いろんな角度からのプレッシャーを感じていたのかもしれません。そこまで抱えんでもいいはずなのに。
 その先輩も同じような境遇の部署で働いており、年齢も近いしでお互い愚痴を言い合いました。
 すごく気分転換になったし、とっても楽しかったのですが、それでもまだ胸のモヤモヤは治まらなかったし、体の倦怠感も消えませんでした。



 そしてこの火曜日には、精神的な問題から体調を崩したのではないかもしれないと思ったので、念のため内科に行って検診を受けたのですが・・・
 「心音異常なし」
 「いや~きれいな内臓だ~~~」
 「心電図も・・・・全く問題ない」
ってな具合に、全くの健康体でした。
 
 ただ、別でところでは「自律神経がよくない」って言われました。あまり溜め込まず、しっかり発散しないと、こういうことになるとのこと。

 

 今日でこそほぼ100%完治して、こうやって客観的に書けるんですが、当初は本気で地獄だと思いました。大袈裟ですが、心の病の一歩手前まで行ったのかも。いや、まだまだましなほうかもしれませんが、これでもかなりしんどかった。これが毎日続くんだったら、とても耐えられんとさえ思った。

 「小さいことは気にしなければいい」とか、「自分にできることなんてたかが知れてる」とか、「人は人、自分は自分」なんて、頭では理解できるし、人にもそう話をしていたのですが、いざ自分自身が抱え込んだら、なかなかそうもいかず。頭ではわかってるんですが、心はそうだと受け止めない。心が敏感に受け止めるたびに、体がきしむような感覚。倦怠感が増して、体が動くことを拒絶する感覚。

 頭と心と体の全てがバランスを崩し、バラバラになった感覚。

 簡単にこんなことを口にするもんではないのかもしれませんが、仕事に行こうとしても体が動かずに行けない、考えるだけで気持ち悪くなる、なんて人が世間ではいるようですが、今まで私は「ただの甘えだ」なんて思っていました。
 ちなみにうちの親父は昔の人間で頑固者で厳しいため、そんな人間の気持ちなんて一切わかるか!!って人です。だからこそ、珍しく相談した息子の話を社会の先輩として聞いてくれたし、厳しい言葉を発せられました。まぁ、親父なんで私も負けずに言い合ったんですが(笑)
 
 でも自分が似たような体験をしたので、少し考え方が変わりました。そういう人は、全員が全員決して甘えているわけではなく、必死に闘っている人もいるんだって。
 幸い私は、すぐに相談できる人がいて、割り切って原因となっていたであろう上司と面と向かって話ができ、わりと早い段階で解決の方向へ向かうことができたのかもしれません。

 ある意味、今まで味わった体の痛み以上に辛かった。

 我慢するとか、そういうレベルの話じゃなかったんです。心に少しでもイライラや緊張が引っかかったら、気持ち悪くなり、倦怠感に繋がる。

 もちろん今まで、自分もそういう体験をしたことがなかったし、さっきも書いたように、両親に相談した時には最初は全く理解してもらえませんでした。その感覚が全くわからんって。そう、そうなんよ、つい前の日までオレもわからんかった感覚なんだよって、何度も言いました。

 調子がよくなった今でこそ、いい経験ができたのかもって思ってます。ほんの1週間の体験だったですが、考え方ががらりと変わったし。

 この手の病は、やはり一気に良くなることはないんですね。時間をかけてゆっくり、じっくりケアしないと。



 あ、ちなみにその上司とは顔を合わせても大丈夫になりました。気も遣っていただいているようで。
 ・・・とはいえ、まだイライラすることはありますが、それは上司なんで仕方が無いこともありますよね。



 いや~、にしても、もう2度と経験したくない(^^;



 本当に、心も体も健康が一番ですね。
好奇心。
 最近やりたいことがいくつかあって、そのうちの一つを明日から本気で打ち込んでみようと思います。やりたいことはあれども、なかなか腰が重くて(^^;)

 ようやく一歩踏み出せそうです。

 私の周りには向上心旺盛な人が何人もいるので、とても刺激を受けます。

 自分も負けてらんね。

 好奇心こそが今の活力だ。
2度目のニューヨーク。
 5月の終わりに1週間ほどニューヨークへ行ってきました。

 今回は2度目とあって、全くといっていいほど緊張感がなかった(^^;)前日の晩にほぼまとめて準備し、前回行った時と同じように成田空港までの直行便、そして乗り換えてニューヨークへ。
 成田へ向かう飛行機では、たしか左側に座ってたら富士山が見えたのことをかすかに記憶していたため、今回も左側の窓側席を指定していました。

DSCF0894r.jpg


 前回ほどはっきりとは見えませんでしたが、十分!これから日本を旅立つにはとても気合の入る姿でした。

 成田からの行きは約12時間。映画を見たり、音楽を聴いたり、寝たり。個人的には全く苦にならない時間でした。空港で入国審査を受けると、なんだかアメリカに来たってかんじがするんですよね。その前に、降り立った時になんか匂いが違う。前回も匂ったけど、独特な匂いがするんだな~。

 そういえば前回のことを全く書いてなかったので、ざっと書くと…
・セントラルパークを歩く。
・年越し。
・ナイアガラ日帰りツアー。
・ワシントンDCへ一泊二日旅行。
・ロックフェラーから夜景
・ブルックリンブリッジを闊歩。
・マンハッタンにてカツアゲにあう。
・自由の女神見学。
などでした。

 今回は…
・メトロポリタンミュージアム。
・フロリダ二泊三日旅行。
・ヤンキースVSマリナーズ観戦。
・ブロードウェイミュージカル「ヘアスプレー」を観る。
・ウォール街をちょっと見る。
・エンパイア・ステートビルからの景色を眺める。
・ホットドック早食い選手権が行われるコニーアイランドでホットドックを食う。
などでした。なかなかの充実っぷり。

 特にヤンキーススタジアムは来年から新球場で行われるらしく、今の球場は今年で最後なんだと。球場はとっても広く、そしてなにより高かった!広島市民球場の2階席の倍以上ありそうな高さ。しかもこれがほぼ満席になるんだな~。
 打席はイチロー。
DSCF1243r.jpg

 松井はスタメンではなかったけど、マリナーズのイチローと城島はスタメンで、イチローはホームラン打ったし、城島は内野安打2本。松井も代打出場で逆転のきっかけとなる内野安打。結局5-6でヤンキースの大逆転勝利で終わりました。試合的にはすごくいい試合だったし、負けているときに試合そっちのけで大ウェーブが起こって、そうこうしているうちに逆転勝利って感じで、ヤンキースファンにはたまらん試合だったと思います。すっごく迫力があった。この中で野球ができたら、日本のプロ野球には戻っても魅力を感じないのも少しわかる気がしました。。。

 あとはミュージカルがおもしろかった!あらかたあらすじだけつかんでおけば、英語がわからなくてもそれなりに楽しめました。ただ周りが大爆笑しているのに、自分だけよくわからない時がなんどもあり、あ~英語勉強しよかななんて思ったりもしました。。。



 その他にもまぁいろいろあったんですが、省きます(^^)海外旅行で同じ所に2度行ったわけですが、行く度に考えさせられますね。特にニューヨークは非常に多国籍で、様々な人種がいて、様々な格好をしている人がいて、恐らく様々な宗教や考え方の人がいて。その中に、日本人としているってことが、とっても不思議というか、胸はらなきゃというか、なんか小さいことを気にしていてもしかたないな~って思わされます。
 あとは、思った以上に海外の人はストレート。腹が立ったら文句を言うし、マンハッタンでは挨拶代わりかってくらいクラクションが鳴り響く。でも逆に、「Thank you」や「Sorry」・「Excuse me」をよく耳にした気がします。日本人以上に感謝の意を口にするし、気持ちをストレートにぶつけてくる印象がありました。地下鉄の階段を、ベビーカーを持って上ろうとするおばさんを、黒人の青年が一緒に持って上がっていたり、足をけがしていたり子どもを抱えている人がいたら、すぐに座席を譲ったり。
 日本では、正直そこまで座席の譲り合いなんか見たことなかったし、自分自身こっ恥かしくてできないし。そういった面では、すごく刺激的な光景がなんども飛び込んできました。

 もちろんいいことばかりではなく、上にも書いたように、マンハッタンを歩いていたら、ぶつかってメガネを落としたから金出せって行ってきた兄ちゃんもいたし、地下鉄で歌を歌いながら物乞いする人がいて、その人にお金を出すおじさんがいて。本当にいろんな人がいるんだなとつくづく思った。

 そして海外に出たからこそ、日本のよさに気付くことも多々あったし。もっと日本の文化なり、良いところを自分なりに伸ばして、海外に自慢できるようになりたいとも思いましたね。



 とにかく、今まで日本国内しか旅行したことのなかった自分にとって(韓国には一度行ったことあったか。。。)、海外はとっても刺激的でした。時間のある学生時代にももっと海外に出ておけばよかったと思うくらい。なんか文字通り世界が広がった。もっともっといろんな世界を見てみたいと思ったし、いろんな文化や人とも出会いたい。

 次はアジアかな~♪(^-^)

DSCF1176r.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。