人生山あれば谷あり、楽があれば苦もある。それなりに頑張って生きてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空。
 一番最近撮った空。

DSCF1001r.jpg


 そして先日「トイカメラ」なるものを購入してみました。本屋さんに本買いに行ったのに、そのカメラが目に入り、衝動買い。。。

 まだフィルムを使い切っていないので、どんな写真ができるかわかりませんが、いい写真が取れてたらスキャナで取り込んで披露します(^^
スポンサーサイト
続ける。
 ごく普通であったり当たり前のことを、ごく普通に、そして当たり前に続ける・維持することってのは、そういえばとっても難しい。

 「難しい」って考えている時点で、それは当たり前ではないのかもしれませんね~。気付かないうちに、流れているものなのかもしれん。



 あ、特に壁にぶつかってるわけではないのですが、自転車通勤なもんで、帰りの暗がりの中、1人でいろいろと考え事するんです(^^;)

 ちょいとここいらで発散してみます。



 さてさて、書き始めのことを考えたときに、漫画「ドラゴンボール」の中で、孫悟空がセルを相手に考えついた策として、「スーパーサイヤ人であることを普通にする」ってのがあったのを、今ごろになって思い出すわけです。

 スーパーサイヤ人でパワーを発揮するのではなく、まずはその状態を維持することから始める。

 そしてそこから次のステップへ。



 いや~今頃ここに辿り着いた。孫悟空に遅れること何年だ?15年くらい?

 たしかにその通りだわ。

 そうすることに囚われるのではなくて、そうあることを普通にする。



 例えば毎日朝6時に起きよう起きようと気張るのではなく、それを習慣としてごく当たり前にする。…というか、慣れさせる。

 人や物事を信じよう信じようとするのではなく、当然のこととして心に持つ。

 1日2時間、何かの勉強をすると気張るのではなく、それを生活の中に取り込んで、流れに乗せる。

 1時間ごとにチェックしなければならない作業も、仕事の自然の流れの中で…って、これが忘れてしまうんだわ~(ノ∀`)アイタァ



 そう考えると、維持する・慣れるってことは、考えないようにするってことか。

 んなわけないよな。その先をしっかりと見据えなきゃならんわけで、それがなければただの「マンネリ」。

 考えないようにするというか、「考えなくなる」という言葉のほうがいいか。



 そいや自動車免許の教習所に通い始めの頃に教官に言われたことがあったな~。

 「目の前ばっかり見てないで、先を見て運転しなさい」

 『そんなもんできるか!!』

 ってその頃は思ってましたが、これこそ慣れるもんで、いつの間にやら気付けば先のほうしか見てない。

 …そして時々よそ見もする。



 話が脱線しましたが、なんにせよ単純なことでも簡単なことでも、当たり前に続けるってことは忍耐力が必要で、とっても大変なんだってことですね(^_-)
やりがい。
 太りました。

 職場を異動になって1ヶ月ちょっとで、約3kg。。。

 久しぶりに会った人には、とりあえず「太った?」とか、「肥えた?」って言われてます(^^;)ま、否定もしないですが。

 だからというわけではないのですが、自転車通勤が続いてます。我ながら思っていた以上に続いています。ひとまずやってみるかって思ったわけですが、実によく続いています。

 …続けます。



 なんというか、自信がありますね。かなり。

 これをやらないと、バランスが取れない気がして。

 体重じゃないですよ。

 心と体のバランスね。

 なんだか不思議とそう感じます。

 仕事がら、朝早くから割と夜遅くまで動きっぱなしで、人と接し続け、そしてデパ地下なので、外の空気を吸う機会がない。
 というか、きっかけを作らないだけですがね。

 そんなわけで、外の空気を存分に吸いたいということと、一人っきりになりたい、ストレスをぶっ放したい、あとは単純に自転車をこぐのが好きという理由から、自転車通勤は願ったり叶ったりなんです。



 上の話から「ストレス」というところを取って、話をガラッと変えますが、今の仕事にストレスを感じることは多々あります。そりゃそうだ。仕事をするということは、ストレスが溜まるもんです。
 今自分に言い聞かせてます(笑)

 いやいや、決してマイナスなニュアンスではないんですよ。今の仕事は、まだ1ヶ月ちょっとですが、とってもやりがいを感じてます。まだ甘い部分しか見ていないのかもしれませんが、なんだか楽しい。
 それこそ朝から晩まで仕事してるし、休みの日も考えることが多いし、なかなか休まる瞬間というものが、それこそ瞬間でしかない気がします。

 それでも、嫌にならないし、頑張ろうという気が起きる。



 なんでだろうか。



 と言いつつ、それはなんとなく自分ではわかってるんですけどね。

 要は、頑張らなきゃいけないという環境があって、頑張ろうと思わせてくれる人がいて、そして自分なりに頑張ってる私を見てくれる人がいるってところですかね。

 やっぱり他の誰かに、少しでも意識してもらえる存在でありたい。

 なんのためにこの仕事をやってるんだ?

 誰のためにこの仕事してんだ?

 まだ丸3年も働いていない甘ちゃんですが、そう思うことも多々あったし、そんな話を耳にすることもあった。

 だからこそ自分に関わる人については、できるだけしっかりと見て、その人の存在を感じようと思います。

 まぁ好きな人、苦手な人はどうしてもいますが(ノ∀`)アイタァ



 ここ数日で、仕事というものを考えさせられる出来事がいくつか続いたので、なんだか手が動くままに書いてみました。



 きれいごとばかり並べるようですが、自分にとってはなんにしても、やっぱり「人」ありきなんだなって思ったのでした。
やっぱり野球。
 いや~しびれましたね、この2日。

 北京五輪の野球最終予選。

 韓国戦も台湾戦も、日本のプロ野球選手の技術レベルの高さ、そして精神的な強さに魅せられました。

 改めて日本にはいい選手が多いんだな~って思いましたね。若手からベテランまで見事に融合していて、もちろん出れなかった選手もいますが、見事な勝利でした。

 それにしても、1球1球に対する思いが、日本国中でこれほどまで一緒になることはないですよね。それぞれに贔屓のチームがあり、選手がいるわけで、普段は喜ぶ人がいれば悔しがる人がいるんですもんね。

 実にミーハーですが、こういうの大好きです。

 

 野球でしびれたのはWBC以来かな。
 これまでは私自身の中で、国際大会といえばサッカーが中心でした。やはり国際試合が多かったからですね。
 だって野球の国際試合って、これまでプロ野球選手が出ることがほとんどなかったんですもんね。

 とっても熱かった。

 ただ、五輪の野球はアマチュア選手が活躍する場であってほしいという気持ちに変わりはありませんが。。。
 
 まぁとにかく本当にいい試合だった(^o^)



 こういうのにすぐに刺激を受けるんですよね~。

 野球したい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。